婚活パーティー後の2回目のデートを成功させるポイント

婚活パーティーでカップルになったら、次はデートをしますよね。実は、今後に繋がるかどうかは2回目のデートが重要なのです。1回では相手のことがまだよくわからないので、2回目のデートで見極めようと考えている方が多いからと言われています。

2回目のデートを成功させるコツを知り、今後の二人の仲を進展させましょう。

婚活パーティーの中間印象とは?参加者に良いイメージを持ってもらうためのポイント

1回目と2回目のデートの違い

1回目のデートでは初めて二人きりで会うわけですから、婚活パーティーでは知り得なかったお互いの詳しいプロフィールを共有するような時間になります。「関連リンク:FIORE PARTY:婚活パーティー

話し方や雰囲気、見た目や全体の清潔感などを見ながら、お互いのことを探りつつ好印象を与える時間で終わることが多いです。一方2回目のデートは、ある程度お互いのことを知った上でもう一度デートしたいと思った場合に成立します。

そして2回目のデートはよりお互いの深いところを知り、交際や結婚への真剣度を確認し、今後もお付き合いを続けるか終わりにするか見極めるデートになってきます。

2回目のデートに誘うタイミングや誘い方

2回目のデートに誘うタイミングは、1回目からあまり期間を開けずに誘うのがベターです。具体的には、1回目のデートの後2週間以内がいいですね。お互い婚活中ですから、常に色々な方からアプローチされていると考えてください。

また、期間が空きすぎてしまうと不安になったり、気持ちが冷めてしまうこともあります。誘い方としては、1回目のデート時に知り得た情報を元に誘うとスムーズにいきます。例えば「水族館デートがしたい。」と言っていたなら「近場におすすめの水族館があるので行きませんか。

」や、「カフェが好き。」と言っていたなら「雰囲気の良いカフェがあるがあるので一緒に行きましょう。」などと、具体的なプランを示して誘うと相手も行きやすいです。ちょっとした会話の中で言った自分の好きなものや興味のあるものをお覚えていてくれたら、誰でも嬉しいですよね。

1回目と同じプランにはならないようにしましょう。

2回目デートでのNGポイント

1回目のデートよりはお互いのことを知り仲が良くなっているかもしれませんが、あまりに馴れ馴れしい態度は控えましょう。ボディータッチにも注意してくださいね。また、年収や結婚後の同居や介護の話など、突っ込んだ話も2回目のデートではまだNGです。

楽しい時間を過ごしたいですから、愚痴や悪口ばかりを言うのもやめましょう。食事やお酒を飲む時には、頼んだ料理をまずそうにしたり残したりしないようにします。食事マナーにも気を付けたいですね。また、お酒の飲みすぎにも注意ですよ。

楽しすぎても羽目を外さないようにしましょう。服装にも気を配ります。1回目とあまりに違うテイストのファッションや手を抜いたファッションだと、相手に与える印象が変わってしまいます。「もう一度デートがしたい。

」と思われて実現した2回目のデートですから、1回目と同じ雰囲気のファッションがいいでしょう。デートプランに合ったファッションにすることも大切ですよ。高級感のあるレストランにTシャツとジーパンではおかしいですし、動物園など歩くデートにヒールも合いませんよね。

デートに合った清潔感あるファッションを心がけましょう。デート時間は、1回目のデートよりは長い時間のデートプランでもいいですが、あまり遅い時間にならないよう、デート終了時間にも気を配りましょう。またあまり遠くに行くとその日に帰れるのか不安になってしまいます。

相手の希望を事前に聞くのもおすすめです。例え同じ2時間のデートであっても、その内容によって充実感が違います。1回目と同じ会話を繰り返したり同じ質問ばかりしてしまうと、「興味がないのかな。」「楽しくないのかな。

」と感じてしまうことがあります。1回目のデートの内容や会話を2回目のデート前にあらかじめ思い出して自分の中で確認しておきましょう。デート中にデートや相手についてのダメだしもNGですよ。1回目のデートよりは親しく話していいですが、相手を思いやる気持ちは忘れずに会話をしましょう。

まだ2回目のデートではまだお互いの経済状況やお金に対する考え方もわかりませんから、お会計は男性が払うとスムーズです。せめて多く出しましょう。女性もおごってもらうのが当たり前という態度ではなく、一度はお財布を出し、払ってもらったらお礼を言いましょう。

3回目のデートにつなげよう

デートの印象を残すものとして意外と重要なのが、お別れする時の笑顔です。別れ際の笑顔は好印象ですよ。そして2回目のデートが楽しくてまた会いたいと感じたら、次とデートは間を空けずにすぐ誘いましょう。デート解散後にメールやラインで「とても楽しかったです。

」と楽しかった気持ちを伝え、「今週末食事に行きませんか。」など、またすぐ会えるスケジュールでデートに誘うといいですよ。余韻が冷めないうちに3回目のデートの予定を入れましょう。2回目のデート中に3回目のデートにつながるかどうか注意してみておきたいポイントがあります。

話が盛り上がらない、相手から話が発信されない、一緒に歩いているのに距離が遠い、スマホをちらちら見ているなどが見られたら要注意です。相手が楽しんでいない、印象が悪くなっている可能性があります。緊張しすぎていると気づかないこともありますから、自然体でデートに挑みましょう。

3回目のデートは、「もう少し相手のことを知ってみてもいいかな。」という気持ちではなく、「また会いたい。」とはっきりと相手に好意を持った場合に実現されます。3回目のデートにつながるかどうかが決まる2回目のデートはとても重要ですね。

もしお断りするなら

もしこれからのお付き合いを断るのなら、無視をするのではなく丁寧にお断りしましょう。婚活を続けている中で、また別の婚活パーティーで会うかもしれませんし、人として常識ある行動をしましょう。お付き合いを断るのではなく誘われた日が都合が悪いのなら、お断りするだけではなく「その日は都合が悪いのですが、何日なら空いています。

」「何日はいかがですか。」と、別の日の提案もするといいですね。

成功へのカギは2回目のデートが重要

数回のデートで終わるか真剣交際につながるかは、2回目のデートがとても重要なことがわかりましたね。2回目のデートを乗り越えられるかどうかが今後の発展に関わってきますよ。デートが成功するコツやポイントを掴んでおきましょう。

婚活を成功させるためにも、お互いが楽しく「また会いたい。」と思えるデートにしてくださいね。